タイトーさんのperiod zeroというトレーディングカードの絵を描かせていただきました。青い龍です。
2月中旬に始動だそうです。
http://period0.jp/

ヘルボーイ ゴールデン・アーミー リミテッド・バージョン [DVD]
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51EeViGKQgL._SL160_.jpg
ヘルボーイ ゴールデン・アーミーのDVD買いました。
劇場でも見たんだけど、DVDも買っちゃおうかなっと奮発。
このDVDが非常に良かったです。
ボーナスディスクにはメイキング映像がたくさん入っていて、監督やスタッフのコメントと共にメイキングが紹介されている濃い内容。
そして、劇場やDVDで本編見ているときは気づかなかったんですが、CGではなく着ぐるみが多いのです。これは驚きました。
てっきり3Dでリアルに作られていると思い込んでいたものが実写だったなんて。
CGばかりの映画ですとメイキングは薄っぺらいつまらないものになっちゃいますが、実写だと特撮映像の工夫が紹介されてて面白いです。CGでしかできない部分はCG使うけど、実写で可能な部分は実写だというのが監督の方針らしいです。
実写着ぐるみだから、現場で気に入るまで撮り直しも可能だし、現場の状況だからこそ思いつくような即興の演出も可能。CGアニメーター任せにはならない。

ワイヤーアクションかCGだと思ってたアクロバットな動きも、オリンピック級の体操選手雇ってトランポリン床を利用して創り出していたり。

クリーチャー着ぐるみもレベルが高いです。さすがアメリカです。
着ぐるみに機械を仕込むアニマトロニクスも、技術がすごい上がっているのですね。
長時間の特殊メイク受けて着ぐるみで演技する役者さんは大変そうですけど、その苦労が報われる素晴らしい映画になっています。

別に必要性に駆られたわけでは無いのですが、ウインドウズ7を導入しました。
レノボのタブレットパソコンがビスタだったのですが、そこのHDDをまるごととっかえて、新規にWindows7HOMEをインストール。
メモリ使用量が減るって聞いてたんですけど、うちのパソコンではそうでもないみたいです。
色々と設定いじれば変わるのかもしれませんけど。
動作はビスタより快適な気がしないでもないようなそうでもないような・・・・。
Windows7のほうが色々と動作が素直でわかりやすい気がします。

ドライバ関係がネットから自動でDL&インストールされるので非常にラクチンでした。
レノボ独自のドライバも入ります。

プリンタ等のハードを繋ぐと、そのプリンタのドライバも自動でインストールされます。
なかなか賢いと思いました。
でも、なぜかいまだに拡張子を隠したままのアホな設計です。拡張子が見えないほうが初心者には使い勝手がいいと考えているのでしょうか?それとも一端マックの真似をしてしまったから、プライドが邪魔してやめるに辞めれなくなっているのか・・・。

そんなことはおいといて、
Windows7は正常に進歩した良いOSだと思いました。

萌え萌えクトゥルー神話事典
↑クリックでアマゾンへ

本日23日、萌え萌えクトゥルー神話事典が発売開始。

アキバブログさんhttp://blog.livedoor.jp/geek/で萌え萌えクトゥルー神話事典が紹介されていました。
2009年10月23日の記事です。
私の描いたクトゥグアも大きく紹介されています。

私も本の実物見ました。
表紙はエッチっぽいですけど、中身はそれほどではなく、可愛い絵が一杯です。
皆様、是非ともお買い求めください。

F30号の風景画を一点出展しています。
油絵作品です。

第24回 新具象展

10月20日(火)~10月24日(土)
AM9時~PM7時(最終日はPM5時まで)
会場:薬業年金会館

詳しい地図で見る

萌え萌えクトゥルー神話事典
↑クリックでアマゾンへ
『表紙はスマガ(ニトロプラス)の原画で人気の津路参汰氏が担当!
本文はクトゥルー神話の研究、解説者として活躍中の森瀬繚、朱鷺田祐介両氏が監修!
これからクトゥルー神話に触れてみようという方だけでなく、マニアな方にもおススメの内容です!』
http://www.tp-ep.co.jp/ep-hp/top.html

■四六判・192ページ/1575円(税込)
■編者/クトゥルー神話事典制作委員会
■発行/イーグルパブリシング
■ISBN/ISBN978-4-86146-170-5


一枚描かせていただきました。
ゲームや小説や映画のネタとしてよく登場するクトゥルー神話ですが、なかなかまとめて設定を知る機会がありませんよね。文字ばかりの本で設定を読むのも辛い気もしますし。
こういう肩の凝らないネタ本で設定を把握しておくと、よりいっそう色々な作品を楽しめそうです。

大阪天保山のサントリーミュージアムが来年一杯で閉鎖というニュース。
よく利用していたのでショックです。
一般受けする企画をやってたので、閉鎖を考えるほどの経営状態だとは思いませんでした。

大阪は美術館に行く人が少ないと報道されていましたが、東京には公立の美術館や企業の美術館がいくつもありますが、そういうところの入場者数や経営状態は同なんでしょうか。
名古屋なんかの大きな町ではどうなんでしょう。

数年前に心斎橋の出光美術館が閉鎖。
キリンプラザビルも無くなり、
近鉄アート館、上本町のABCギャラリーは無く、
府立現在美術センターは縮小だとか無くなるだとか、
今回のサントリーミュージアム休館。

立地場所も交通の便が悪い気がしますけど、それより宣伝不足の部分があるのではないでしょうか。
TV局や新聞社主催の場合は、そのTVや新聞を見ている人にはある程度宣伝してますけど、それ以外の人には情報が伝わりません。
海遊館に行っても、道を挟んだ向かいの建物が美術館だと知らない人も多いのかもしれない。
出光美術館だって、その存在を知っている人が少ないように思いましたし、そこが今は市の美術館になっているなんて知らない人も多いと思います。
美術に興味ない人を引き込むのは難しいのかもしれませんけど・・・。

大阪道頓堀にhttp://www.kamigata.jp/この上方浮世絵館というのがあります。
私、結構な美術ファンですが、最近ココを知りました。
前を通りかかって偶然知ったのですが、小さな建物で、運営がどこかわからないので怖くて入ったこと無かったです。キャッチセールスの絵画(ニセ版画)売りつける詐欺的業者だと嫌ですから。
http://www.museum.city.osaka.jp/link/link.cgi
大阪市のリンクページに載っているからちゃんとしたt頃なんだとは思います。
でも、他の美術館に行ったときに、ココの案内チラシやポスターを見たことはありません。

今年3月に閉鎖されたりんくう現代美術空間
http://www.osaka-art.jp/genbi/rcas/index.html
ここなんて、電車乗り過ごして(w)たまたまりんくうタウン駅に行ったときに電車から見えて存在を知りました。
かなり良品の府のコレクションが展示されていたのですが、ろくな宣伝されないままでもったいないです。
チラシ印刷にもお金はかかるでしょうけど、大阪市内・府内の美術館博物館に案内を置いておくだけでも訪問者は増えたと思うんです。

各美術館同士の連携宣伝や、市と府の連携が不足していますよね。

大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室(旧出光美術館)
http://www.city.osaka.lg.jp/yutoritomidori/page/0000045007.html
「大阪市立近代美術館コレクション展 未知へのまなざし ―シュルレアリスムとその波紋―」
平成21年9月19日(土)~11月23日(月・祝)
毎週水曜日休館(ただし9月23日は開館)、10月18日(日)は臨時休館

サントリーミュージアム
http://www.suntory.co.jp/culture/smt/
スタジオジブリ・レイアウト展
2009年7月25日(土)~10月12日(月)
休館日:9月7日、14日、28日、10月5日
開館時間:10:30~19:30(最終入場は19:00)

国立国際美術館
http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html
ルーヴル美術館展
9月23日まで

ディズニー(ピクサー?)のアニメ映画「ボルト」見てきました。
クライマックスシーうるうる来ました。いい映画でした。
3Dメガネつけて見る映画だったんですけど、目が疲れることも無く自然に見れました。

大阪天保山のサントリーミュージアムで開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」に行ってきました。
アニメの製作過程で描かれるレイアウト画が展示されているという、すごくマニアックな展覧会でした。
アニメ作品が出来る過程って、凄く手間隙かかってるんですね。
ジブリ社の作品のみではなく、宮崎さんや高畑さんが関わった過去の作品のレイアウト画もありました。
ハイジや赤毛のアン、そして映画版じゃりんこチエなど懐かしい作品が並んでて楽しかったです。
でも、古い作品ほどレイアウト画が保存されていないようです。
アニメは放映されるフィルムが完成形で、完成してしまえばその過程の絵は重要ではなく、セル画だって産業廃棄物で廃棄されるのが当たり前だったんですもんね。

最近の作品の絵は沢山ありました。

でも、デジタル着彩になっているから、セル画は無いんですよね。

話は変わりますが、
以前依頼されて描いた巨大娘さんを展示されているサイト様からのアクセスが沢山あります。

それもあわせまして、巨大シシ神様風のおんなのこ絵。

7/28から8/2にCASOというギャラリーで開催されるグループ展『mix展』に参加します。
全部で50人ほど参加されるようです。
グループ展なんて数年ぶりなのでわくわくします。

CASOのアドレスhttp://www.cwo.zaq.ne.jp/caso/

アナログ絵の具(アクリル)で描きました。B3サイズです。
これ以外にプリントアウトしたA4サイズ作品を2・3点出そうと思ってます。